小学校受験するか、地元の公立小学校か

ピカピカの小学一年生。大きなランドセルを背負って、可愛いですよね。我が子をどの小学校に入れるか、悩まれる親御さんも多いでしょう。お受験させて親が考える理想の教育を受けられる小学校に入れるか、地元の小学校に入れるかは、それぞれの家庭の考え方によります。まずは、受験の為にはその試験内容に合った塾に通わせるのが一般的です。子供の性格によっては、塾に通うことが苦痛になってしまうこともあるので、各ご家庭で塾に通うことの利点を子供に分かりやすいように伝えることが大切です。逆に地元の公立小学校に通う場合は、そういった入学前のストレスはあまりありません。入学してからも近所にお友達ができるので、毎日お友達に会えるのが楽しみで通えることが多いです。ただし、公立小学校は特に受験等がなく入学できるので、様々な事情を抱えた家庭の子供も入学します。子供の為に何を優先するか、で小学校受験が必要かどうかが決まります。

小学校受験の内容を知ろう

もしかするとこれから小学校受験を受験させようと考えている方もいらっしゃるかもしれません。そこで、受験を始める前に、実際の受験ではどのようなものが行われていくのかはっきりと把握しておかれるといいのではないでしょうか。まず、行われるものとしては筆記試験や面接はもちろんですが、行動観察や運動なども行われます。特に行動観察では自由な遊びの中で協調性やリーダーシップ、マナーなどがチェックされますので、ある程度の練習をしておかれるといいでしょう。また、小学校で習い始めるような勉強なども試験の中には含まれていますので、勉強なども行っておかなければなりません。試験内容は多めになっていますので、しっかりとした勉強が必要になるでしょう。ですのでもしも子供が受験しようとしているのであれば、受験を手伝ってみられるといいかもしれません。

小学校受験を行うメリット

小学校受験とは、小学校に入学するときに行われるもので、筆記試験や面接、その他にも様々な試験が行われて、リーダーシップや協調性、学力などを判定され合否が決められます。そしてこの受験を受けることにはたくさんのメリットが存在します。まず、受験という緊張感のある場面というものはかなり貴重なもので、こういった場面を経験しておくことで、ストレス耐性の付く人間になることができますし、緊張などをあまりしないようになるでしょう。また、小学校で習い始めるような勉強を受験勉強として行っていきますので、学力なども平均よりも高いものとなっていきます。こういった受験を成功させるためには様々な勉強方法やテクニックが必要となりますが、子供の成長にかなり影響してきますので、小学校受験はとても役立つものとなるのではないでしょうか。

詰め込み式では得られない、独自の教育方法で15万人以上の卒業生を送り出してきました。 幼児教室の先生からみた子どもの様子など、志望校選びには客観的なアドバイスも重要です。 伸芽会は、受験した子どもからの情報をもとに過去問題集を制作しています。 名門小学校が求める子どもの資質を理解し、合格のための教育を行います。 乳幼児期の脳への刺激が脳の働きに影響を与えると言われています。 小学校受験のことなら伸芽会へ