子供の可能性と学資保険

子供と言うのは何らかの才能を秘めているものです。だからこそ、学資保険に加入することは大切です。というのも、その才能を伸ばしてあげるのも親としての大切な役目の一つだと言えるからです。才能を伸ばすといっても、親自らが子供を指導する能力がないことがほとんどです。ほとんどが学校や習い事などで伸ばしていくことになります。特に学校の教育や部活が大きな要素となるわけです。でも、学校によっては入学費用や授業料などが多額にかかることも多いのです。そこで重要となってくるのが学資保険です。子供が幼い頃から保険加入して少しずつでも積み立てていけば、中学入試や高校入試や大学入試といった必要なときにお金を用意することができます。幼い子供がどのような学校に進学できるように親は今のうちから準備していくべきだと思っています。

子供の可能性と学資保険

学資保険と定期貯金との比較

幼い子供を持つ家庭の悩みの一つに将来のための教育費だと言えるでしょう。中学入学・高校入学・大学入学のために定期貯金していこうと考えているかもしれません。確かに毎月一定金額を定期貯金することも将来において大きなメリットといえます。でも、それに似たものに学資保険もあります。これは貯蓄型のものが多いため、一定の年数(多くが学校入学前)になると満期となってお金が返ってきます。では、どちらがベストだと言えるのでしょう。それは一概に述べることはできません。しかし、人生において何が起こるかわかりません。親が亡くなって子供が残されるケースだって決してゼロではないのです。そのとき学資保険に加入しておけば、教育費などを補償してくれることがあります。貯蓄型ですがやはり保険の要素もあるのです。そのような突発的なことを考えるべきでしょう。

学資保険で受け取れる給付金

子供の将来を考えればどこの学校に入学させるかで大きく左右します。そのとき問題となるのがお金です。特に大学入学にかかる費用は大きいです。そのため、学資保険も満期で受け取れる給付金を高校卒業であることが多いのです。しかし、近年では中学受験や高校受験でもお金がかかるものです。このような事情から最近では高校卒業で満期としながらも、小学卒業・中学卒業のときにも給付金を受け取れるかどうか選択することができるプランもあります。もちろん、そのときの給付金はトータルで考えれば高校卒業で受け取るよりも少なくなってしまいますが、子供の将来のためにより良い進路に導くためには問題ではないでしょう。子供のためにも、給付金を高校卒業だけでなく小学卒業や中学卒業などでも受け取れる学資保険を選択することをオススメしています。