子供の為に学資保険に加入

私は来年の一月に第一子を出産予定です。そしてこの子のために最近学資保険に加入しました。私は今までに保険というものは国民健康保険しか入ったことなかったので、全く知識がなく保険会社の方に一から教わりました。何故生命保険や学資保険が貯金より良いのかなど教えて頂き、これは子供のためにも入った方が良いと決断し、夫に相談しました。夫にとっても保険は無知の事なので一から説明し、納得してもらった上で入りました。いくら政府から児童手当をもらったとしてもそれだけでは子供の資金は足りず、将来も賢くお金を貯めていかなければなりません。漠然と子供に掛かるお金を考えていましたが、保険会社の方とお話しして現実的にいくら必要か、そのためにはいくら貯めなくてはいけないかなど、学べてとても為になりました。次は自分用の生命保険に入り、万が一の時の為に備えたいと思っています。

子供が生まれたらまず学資保険

子供が生まれたらまず学資保険の検討をしてみてはいかがでしょうか。子供を産み育てるという事はとてもお金のかかることです。しかし子供にお金がないせいで夢をあきらめさせたり、進学をあきらめさせたりはしたくありませんよね。そのために子供の学資保険に加入するのです。この保険では毎月少しの金額をかけるだけで、高校入学や大学入学、成人式などのお金がかかる時期に、まとまったお金を受け取れるというもので、将来的にとても助かるのが特徴です。人間は自分で貯金しようと思ってもなかなか貯まらないのが実状です。しかし保険として毎月必ず支払っていれば、特に苦になることなく貯金が可能なのです。また学資保険のいいところは、貯金ができるとともに著とした入院保障も付いている事です。これなら万が一の時でも安心できますよね。子供の事を思うのなら、ぜひ加入を考えていきましょう。

かけておいて損はない学資保険

学資保険について考えたことはありますか。この保険は毎月少しずつ支払うだけで、子供が大きくなった時に大金を受け取れるという保険です。保険会社がいわゆる貯金代行をしてくれるというシステムなのです。人間はいざ貯めようと思っても、なかなか貯金ができません。しかし保険として毎月払っていれば、知らない間に貯金ができてしまうのです。溜まったお金は子供の大学資金や成人式の資金、結婚資金として使用することができます。また急にお金が必要となったときに、まだ貯金の途中でも引き出すことも可能なのです。しかもこの保険の特徴は、満期を自分で設定できるという所にあります。例えば5年ごとに30万円ずつ受け取りたいという人でも、20歳になった時に全額一気に欲しいという人でも同じ保険で対応ができるのです。かけておいて損はない保険なので、子供が生まれたらまず学資保険を検討してみてはいかがでしょうか。