学資保険を利用するメリットとは

学資保険とは、我が子の将来のために確立しておきたい一定の資金を保険という形で作り上げることができるものです。学資保険を利用するいくつかのメリットがあるので、上手く活用して子供の将来に役立てたいところです。メリットの一つ目として、保険を契約している保護者に万が一のことがあった場合、その先の保険料の支払いはなくなる例が多いということです。いざという時でも、確実に資金を確保することができるという特徴があります。また、順調に支払いを進めていけば確実に積立と似た資金の貯め方をすることができますし、もし途中で解約することになった場合でも、返戻金を確保することができるというメリットもあります。ただ貯金、預金するだけでなく、様々な将来を見据えて契約することでメリットを実感することができるのが学資保険の特徴と言えるでしょう。

学資保険を利用するメリットとは

子どもが生まれたらぜひ学資保険加入を

子育てをしていくうえで、とても助かったと思うものがあります。それは学資保険です。これは学費が必要な時期にまとまったお金を手にすることができるので、大変役立ちます。私は子どもが生まれてすぐに加入しました。教育費は思った以上にかかると言われているので、できるだけ早いうちから貯めておこうと思ったのです。月々に無理にならない程度の金額を支払うようにしました。そして中学入学時と高校入学時くらいにある程度の金額を受け取るようにして、最終的には18歳で満期を迎えるようにしました。そうやって計画的に教育費を貯めていたおかげで、子どもが進学してお金がたくさんかかる時期にも慌てることはありませんでした。もし学資保険がなかったら、恐らく学費の捻出に頭を抱えていたことだと思います。子どもが生まれたらぜひ学資保険に入っておくことをおすすめします。

大学院や海外留学のための学資保険

高い貯蓄性のある学資保険は、様々な目的で貯蓄することができます。大学進学や成人式、海外留学に備えることも可能です。最近は、大学を卒業して大学院や海外留学を目指す若者が増えていますが、大学院や海外留学のための学資保険なら22歳満期プランに対応している商品もあります。22歳満期なら小額で積立てることも可能です。もちろん、大学進学のために18歳で満期になるプランも用意されています。大学受験のために備えることもでき、医学部を目指し、予備校に通う時の資金に使うこともできます。最近は、中学や高校進学のために受け取っている家庭も増えています。受験のために塾に通わせている家庭も多く、好きなタイミングで選ぶこともできます。少しでも保険料を節約したい家庭には、年払いた半年払いがおすすめです。まとめて払うと保険料も割安になります。